うるしずの口コミをまとめてみました。効果や成分も確認!

顔出し・名前出しで口コミされている方の評価を要約します。(長いので…)

 

女性・36歳

  • うるしずを塗ってと息子にせがまれた
  • 息子は食事療法中
  • 市販の薬は成分が安心できないし、病院からの薬は油分でべとべとし、洗濯が大変。
  • 調子の悪い日に塗ってみたが、症状の悪化はなかった。
  • うるしずは、体に何かを塗るのが嫌な息子が塗るよう言ってくる

 

女性・46歳

  • お風呂上りのカサカサに変化があった
  • 8歳〜13歳の、3人の男の子にうるしずを塗った
  • 使用前・使用後の写真を比べたら違いに驚いた
  • ひざ裏のガサガサ・白っぽさ・ひっかき傷がキレイな肌色に良くなった
  • うるしずは安心して使える
  • 自身も使っているが、乳液やクリームは不要
  • うるしずはさらさらなのに浸透して潤いが良い

 

女性・42歳

  • 娘のぐっすりに感動
  • 2歳の娘に使用
  • 塗った後のさらさら感、うるおいの持続力が素晴らしい
  • うるしずを使い始めて、痒みが気にならなくなったのか、ぐっすり眠る
  • 塗り直しが必要ない

 

※お名前も出して口コミしておられますが、ここでは省略します。

 

うるしずの口コミって本当?効果を調べてみた!にも口コミ・評判が載っています。

 

 

公式で口コミをもっと確認するならこちら>>

 

 

 

うるしずは、大人気の妊娠・出産・育児マガジンのたまひよでも紹介されました。

 

また、うるしずは楽天での圧倒的な支持も得ています。

うるしずの口コミをまとめてみました。効果や成分も確認!

 

なんと、敏感肌美容液で3冠達成しています。

 

これ、すごいですよね。だって、楽天リサーチって、登録した人にアンケートを送って、それを答えた人の集計ですよ?

 

楽天ポイントがもらえるから登録している人も多いとは思いますが、そんな中、敏感肌美容液で3冠達成したのはすごいですね。

 

具体的には、全部赤ちゃん・子ども用の敏感肌美容液なんですが
「ママが使用したい」
「友人に紹介したい」
「ママが安心して使える」
っていう部門です。

 

それぞれ、
「ママ(自分)も使用したい」
「友人に紹介しても大丈夫」
「赤ちゃんや子どもに使っても安心」
っていうことでいいんじゃないでしょうか。

 

やっぱり、赤ちゃんやこどもってとってもお肌がデリケートなので、特に「友人に紹介したい」っていうのは、よっぽど安心で自信のあるものでないと紹介できませんから、何気にポイント高いと思います。

 

なお、今なら50%オフだそうですので、お得にうるしずを手に入れるチャンスですよ♪
50%オフの公式サイトはこちら>>

 

潤静(うるしず)は無添加住宅メーカーが開発した、無添加にこだわった低刺激敏感肌用美容液

 

MuKuという住宅メーカーが開発した美容液。なぜ住宅メーカーが美容液を?

 

実は、シックハウス症候群に悩む方のためのお家、「無添加住宅」を開発した社長さんが、お肌に悩む親子の為に作ろうって決めたのが、このうるしずなんです。

 

シックハウス症候群とは
シックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語または症候のひとつ。
新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。
Wikipediaより引用

 

無添加住宅とは
無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。
わたしたちは、その体調不良の原因が家の中の空気、
すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、
その原因を排除した家づくりを始めました。
そこでお手本にしたのが、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、
自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。
無添加住宅より引用

 

うるしずの開発者は、いわゆる化学物質による、お肌をはじめとした体調不良をなんとかしたい、って思って、うるしずを作られたのかな〜って想像します。

 

勝手な想像ですが、奥さんとか子供さんとか、身近な人がそういうお肌トラブルや体調のトラブルを起こしたんじゃないかな…

 

だから、はじめは彼女らのために作ったような気がします。確認してませんが。でないと、わざわざ手の込んだ「無添加住宅」とか、「無添加美容液」とかって開発しないんじゃないかな…

 

公式サイトを見てもらっても分かりますが、うるしずの開発への情熱とか、うるしずの成分とかとことんこだわっていますから。そのこだわりように、引く人もいるかも…

 

 

うるしずを監修したオバジクリニック院長、橋爪良枝先生によると、バリア機能が低下している肌の場合、合成香料や角質除去成分が含まれた製品など、刺激の強いものは避けること。とのことです。

 

がさがさ、ごわごわ、むずむず肌に、徹底した無添加で、植物由来成分98%のうるしずはいかがでしょうか。

 

 

ベビースキンケアってなんで大事なんでしょうか。

 

生後48時間後から、赤ちゃんの肌は試練に臨みます。って書いたら深刻ですが、生後48時間は、「胎脂」っていう脂で守られています。生まれてすぐの赤ちゃんってなんか白いのついてますよね?アレです。

 

でも、その胎脂はすぐになくなってしまい、その下にある未熟な肌が直接外的環境にさらされるんですね。赤ちゃんの肌って、ご存知でしょうけど薄くて未熟。ここに、かきやすい汗などの刺激物やお母さんのお腹の中ではなかった服やシーツのスレや引っ張りなどの物理的刺激が加わります。また、薄いお肌は非常に乾燥しやすいです。

 

なので、赤ちゃんのお肌の保湿は非常に大事なのです。

 

こちらは参考までに、ですが、学術的な世界でも、ベビースキンケアの重要性は証明されています。

国立成育医療センターが、2014年、「生後1週間以内の新生児の全身に保湿剤を塗ることで、肌トラブルのリスクが3割以上低下した」という研究発表をしました。
論文:Kenta Horimukai,et al.J Allergy Clin Immunol.2014;134:824-30.
ニュース:http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/news/14/111111/100600012/日経Gooday

 

赤ちゃんから使えるうるしずは、ベビースキンケアにもしっっかり使えますね。

 

 

うるしずは雑誌や専門サイトにもたくさん紹介されています。

 

上に書いたたまひよのような赤ちゃん・育児系の雑誌にも、クロワッサンやsaitaのような生活系にも、美容系の雑誌にも紹介されています。

 

また、最新コスメ・クチコミ総選挙美容液自然派部門、無添加部門、ブースター部門でも受賞しています♪

 

 

うるしずは赤ちゃんに使えるってほんと?

 

子どものお肌のトラブル、特にかきむしるほどガサガサ・ごわごわなのって、どうにかしてあげたいですよね。

 

夏の汗や冬の乾燥が大敵ですし、ボディソープや石鹸にも気を使います。衣服や食べ物にも敏感なので気を付けても、痒みで眠れなかったり…。お肌のきれいなまわりの子とついつい比べてしまうし、見た目も気にしてしまい、消極的な子にならないかと心配もしてしまします。

 

心と体は切っても切れない関係ですから、なんとかしてあげたいですよね。

 

どうしてこんなに子供のお肌はデリケートなんでしょう。

 

子どものお肌は、薄くて刺激や乾燥に弱いです。

 

また、我慢もできない事が多いので、すぐに掻きむしってしまい、よけいに痒くなり、トラブルの悪循環に。

 

なので、以下のことを守ってかきむしらないようにしましょう。

 

  • 長湯や刺激の弱いボディソープを使う:お肌を守る皮脂をあらい流してしまわないように。
  • 爪は短く:かきむしるとお肌を傷つけます。傷ついたお肌はさらに乾燥や刺激に弱くなって、より痒くなりやすくなります。
  • 手洗い後の自然乾燥はNG:1日に何度も手を洗う事になるので、うるおい成分が逃げてしまいます。
  • うつぶせ寝はNG:ラグやマットでうつぶせ寝すると、デリケートな顔に繊維やハウスダストがつくことも。※医師にうつぶせ寝をすすめられている場合は医師にご相談ください。

 

 

 

まとめると、赤ちゃん・子どもは潤いを守る能力が弱いんですね。

 

だから、うるしずは0歳のあかちゃんから安心して使えるよう、98%植物由来成分(その他は水・BG・アラントイン・グリセリンのみ、うるしずの全成分表より)、完全無添加の美容液なんです。

 

うるしずでベビースキンケア>>